· 

第9-10回ワークショップ「グライダー編」

リンドバーグ夢の模型飛行機愛好会が第9回グライダーワークショップをしました。

グライダーのバルサ制作の生地完成にほぼ近くまできました。

 


第10回のワークショップは、開催が難しいためテレワークショップとなりました。

 

Q.モーターの設置方法が分かりません。

写真を添付します。

機体側にある穴の位置が合わずにコードが邪魔をしモーターと機体に隙間が出来ます。

結果ビスが短く届きません。

モーター側にビス穴が4つに対してビスは2本しかない。これは2本留でいいとして、機体側の穴を大きく空け直してモーターのコードをなるべく機体内に収納しビスの2本留でいいのでしょうか?モーターは当然回るので強度が心配ですが、補強は必要ありませんか?

 



A.モーターは二つ穴で大丈夫だと思います。

 

問題は取付の機体のマウントです。

機体側でモーターにビス止めが頑丈かどうかです。

エンジンならば取付はビス4本ですね。

 

コードは配線が上手く行く様に空けて大丈夫。しかし、穴を空けるときは枠を壊さない様。

強度を保つ為に何かで補強のサポートができればと思います。

機体が小さいからする作業が大変ですが、機体は強く軽くが1番です。

 

飛行機など設計者の基本は尊重しても後はカスタマイズが大事だと思います。